大見出しと小見出し、説明図版や文章との組み合わせにも気をくばります。また、説明の順番も製品をしようした時の時間軸に合わせて配置します。 見出し、説明文、関連する写真や図版を常にセットにすると、レイアウトがスムーズに行えます。セットにするときは、金節と遠隔の法則を使います。二つの見出しと説明文、写真は近くに配置します。話して配置すると、関係性が弱まるので、他のセットと距離を開けると、隔たりを感じて自然に別のセットとして認識されます。 同じ階層の見出しは同フォント、同サイズに揃えて読みやすくし、複雑な情報でもスムーズに伝わるように整理して配置します。さらに使用時の状態の変化がわかるよう、時間軸に沿って説明を順番に並べます。消費者が使用した場合を想像しやすくなります。製品の価値や生活の利便性が実感できるため、購入意欲に強く働きかける紙面になります。