業界の常識の盲点をついた「小さな結婚式」で成功した例をご紹介します。 冠婚葬祭のように、 一生に何度も利用するものではないビジネスでは、おおむね価格が不明瞭です。選ぼうとしても価格や価値の基準があいまいなので、口コミなどで得た「評判」だけで選ぶ傾向になっているようです。

サービスを規格化してパック料金システムにしました。最初のポイントは、サービ スを規格化して価格を入れたことです。 今までの業界の常識であれば、相談して見積りが出てきて初めて価格がわかるのが普通です。それを、参加人数と式の内容によって選択できるプランにし、パック価格を表示するようにしています。 つまり、従来の結婚式場のようなオーダー性をなくし て、「規格」と「価格」を売りにしているのです。これ によりお客様が安心して予約をしやすくなります。

消費者は「結婚式は高くつく」というイメージを持っ ています。参列者切1100名くらいで100万円から 300万円はかかるというのが常識的なところでしょう。 そこで ある会社は、サービスの低価格訴求をしています。少人数の結婚式のサービ スを規格化して、「参列者数名で 4万円」と大きく打ち出しました。「結婚式は高いから」ということで諦めていた人も、「その程度でできるのなら」とい うことで集客が可能になります。実際、このチラシ効果により、この会社は幅広く予約が取れるようになっています。 見えにくいサービス、価格が不明瞭なサービスの業種は多くあると思います。盲点をついて、こ の事例のよう にサービスを規格化し、価格の明瞭表示をすれば、小さ な会社でも集客チャンスはあるのです。 小売業であれば当たり前のことですが、価格がはっきりしているというのは、消費者にとって 一番安心でき、 利用してみょうかという気になるものなのです。

皆さんはどのようにタイトルやキャッチフレーズを決めていますか? ゼロからニ-ズをつかもうとやみくもにマーケティングをしても、時間がかかってしまいます。そのた め、売れている本からヒントを得るととも多いのです。たくさんの読者の興味を引いていることを踏まえ、書店での売れ筋情報を調べることもしばしばです。
今、夫婦揃ってふたりで生活をしていても、いつかは自分がひとり残るかもしれないと感じているのは、圧倒的に女性のほうです。夫婦であれば、女性のほうが年下であるケースは 多く、また 寿命も長いため九歳を超えた女性の8割はひとりです。これが中高年の女性が抱えている謀題です。チラシを作るときのポイントとして、 シニア向けのチラシに人物のイラストを入れる場合には、 おじい
さんやおばあさんのイラストだけは絶対に入れないように してください。保健師さんが作る介護予防教室のチラシに
はやたらとおじいさんとお ばあさんのイラストが載って います。 イラス ト集には薄毛のおじいさんや白髪のおばあさんといったステレオタイプのイラストが多いのですが、 そのようなイラストがあると「 私はこんなおばあさんじゃないわ」と嫌がられるのが関の山です。
イラストを載せるのであれば、ちょっと若めの大人の女性にしてくださ ぃ。イラストのみならず、「高齢者」や「シルバー」という表現も避けたほうがよいでしょう。当 事者ご自身は 「私は高齢者なので」と言いますが、他人から 「高齢者」と言われるととはいい気分ではありません。常に当事者の立場に立って言葉選びをするとよいでしょう。 

ここでは画面の周囲に額縁のようなグラフィックを作ることをフレーミングと呼びます。フレーミングすることでその画面と外の世界とを切り離す効果やグラフィックに華やかさを付加する効果などが得られます。フレームの種類や制作するツールの種類によっても、仕上がりの印象は変化します。 絵画や写真などを飾る際は。額装することが多いでしょう。飾る中身に似つかわしい額装を施すことで、入れられた絵画や写真はより一層その魅力を増します。また、内部の絵画や写真を保護し、壁面との立体感を増して存在感を出し、現実との世界観を切り分けてくれる役割もあります。 グラフィックのフレームの場合には、保護性はありませんが、視覚的な効果はほぼ同じです。ページ物で特定のページだけをフレーミングすれば、そのページだけ他のページから世界を切り分けることができます。ペラものでも非日常的な世界観を作り出すことが可能になります。 もちろん、フレームの装飾性も大事なデザイン効果です。フレーミングされたグラフィックは華やかさを増します。また、そのフレームの雰囲気によって、グラフィック全体にその雰囲気を演出することができるのです。グラフィカルなフレームには色べただけでなく、写真屋飾り系、イラストなど様々なバリエーションがあります。額装同様、内容にあったデザインを選びましょう。

 

ひとつの商品において、その販売方法は決して1つとは限らない。販売方法は次の5つのタイプに分かれる。
①店頭販売・・・・・・リアル店舗で販売する方法
②展示販売・・・・・・リアル店舗の 3倍以上広い会場を借りてピーク時に販売する方法
③訪問販売・・・・・法人営業、配達など、お客様のもとを訪れて販売する方法
④配置販売・・・・・・富山の置き薬に代表される自動販売機的な販売方法
⑤通信販売・・・・・テレビショッピングやカタログ、インターネットに代表される販売方法

 

これらの販売方法を知って販売方法に合わせたチラシ作りが重要です。

 

デザイナーの責任は制作物のビジュアル面全般に及びます。印刷された状態の仕上がりももちろんですが、その制作過程も基本的にはデザイナーが管理して進めることが殆どです。カメラマンやイラストレーターとの共同作業、レタッチャーへお指示等を全て含め、ビジュアルルディレクションと呼びます。 一昔前までのデザイナーはディレクションといってもせいぜいカメラマンやイラストレーター、スタイリストとの共同作業に主体となって関わる程度で済んでいました。しかし今は、3DCGや画像合成、レタッチワーク、ウェブや動画との連携など、従来のビジュアルディレクションでは収まりきらない手法や技術の知識が必要になってきています。 工業製品など、CADデェータがすでにある商品の広告の場合、その製品を撮影して使用するよりも、CADデータを読み込んで3DCGを作成したほうがやすう上がるケースが増えています。3DCGはそのままだと写真に比べて見劣りしてしまいますが、レタッッチを施すことで、実写と見分けがつかないレベルに引き上げることが可能になります。 TVCMやウェブとの連動がある広告ビジュアルについては、まずグラフィック用の素材を作成し、そのデータをCMやウェブに書き出すことでやはりコストカットが図れます。規模の大きな仕事だけでなく、予算のない小さい仕事ほど予算のやりくりは大切です。 いずれの場合も、新しい技術やその活用法については、デザイナーも常にアンテナを張り巡らせておく必要があるということが言えます。